家を購入するタイミングについて

漠然とマイホームを持ちたいという気持ちを持っているものの、どのタイミングで購入すればよいか分からないと感じている人は非常に多いです。人生で最も大きな買い物になることが多いので、簡単に購入に踏み切ることができない人が多いですが、タイミングを知っておかなければ、もっと早く買っておけばよかったなどと後悔することになるかもしれません。平均的な購入タイミングを確認しつつ、自分たちにとって最適な判断をすることができるようにしておきましょう。

年齢に焦点を当てると、30代で家を購入する人が非常に多いと言えますが、これは子供を持ったことでマイホームがほしいと感じるようになったり、収入や貯金が増えてきて生活に余裕が出てきたりすることが理由となっているケースが多いです。ただし、近頃は頭金がなくてもすぐに購入できるケースが増えているので、収入や貯金がそれほど多くない場合でもマイホームを購入している家庭が多くなっています。頭金を貯めてから購入を考える人もいるかもしれませんが、貯まるまでの家賃やそのときの金利などを考慮すると頭金を貯めずに買ったほうがお得になるケースもあるので、この点もしっかりと考えて決めることが大切です。

マイホーム購入が遅くなってしまった場合は、リタイアした後まで住宅ローンの返済を行わなければならないこともあるので注意が必要だと言えます。多くの場合は35年ローンを組むことになりますが、40代になってから買う場合などはリタイアしてからも住宅ローンが発生することになるので、老後の家計を圧迫する恐れがあることも理解しておきましょう。しっかりと資金計画を立てて、無理のない範囲でローン返済を行うことができ、現在から老後まで家計を圧迫することないと感じられるタイミングで購入することが最適だと言えます。

タイミングが分からないと感じている場合や、最適なタイミングで買いたいと考えている場合は、専門家に相談してみることがおすすめです。専門家の力を借りることによって現在から将来までのシミュレーションを行ってもらうことができ、どのタイミングで家を買うことが望ましいかアドバイスをもらうことができます。マイホーム購入者の平均的な年齢や年収を参考にしたり、自分たちで資金計画を立てながら考えたりすることもできますが、より最適な判断ができるようにしたいのであれば専門家に相談して買うタイミングを決定することがおすすめです。